BopDesign(バップデザイン)というQuni&Rinデザイナー2人で構成される
変態デザイン組合のBlog。黒〜い音楽ネタから、デザインの哲学までを公開。

2007年11月25日

デジャインの現場 Vol.8

こんばんは。

お待ちかね、
ごく一部のコアなデザイン・ファンに人気の
「デジャインの現場」の時間です。
解説者はわたくしRINです。

今回は、僕達 Bop Design が制作した
フライヤーのデザインのご紹介です。

まずはビジュアルをどうぞ。

front2.jpg

back2.jpg


どうでしょうか?

Bop Design としましては今までにない「お笑い」のビジュアルを展開出来ましたので
何か新境地を開拓したような気分です。

元々、私ども自体が「お笑い」というものに大変興味を持った人間ですので
今回のご依頼主様「人見知りCREW」と科学反応を起こしたことにより
このような微笑ましい作品を制作することが出来ました。

そういった意味では「人見知りCREW」には大変感謝です。

デザインを解説しますと…
制作当初はデイナーショーということで、「リンゴ」からCREWの皆が
出てくるというアイデアでした。
が、「人見知りCREW」はダンサーなのでもっとダンサブルな表現をと思い
「リンゴ」を「ミラーボール」に変更しました。
そしてサブ・タイトルの「飛躍」にかけミラーボールを宇宙船にカスタマイズし
背景を宇宙にしました。この宇宙船でCREWは飛び立つのです。
ちなみに、宇宙船の名前は「WE CAN FLY号(俺たちは飛べる)」です。
また、宇宙船をテーブルの上に着陸させ
スプーン、フォーク、ナイフをあしらい「人見知りCREW」をお召し上がり下さい。
という表現も盛り込んでみました。

最後に、フライヤー表面では「笑い」に走りましたが
裏面ではカッチリと真面目に文字を組みました。
書体番長QUNIの仕業です。
表と裏のギャップが今回の「巧み」なのです。

とにかく、自分たちの中で今までにない表現を出来たので
今回は良い経験になりました。

以上、長々となってしまいましたが
今回はこのへんでお開きです。

それでは、また次回の「デジャインの現場」で。

PS: 今回お世話になりました「人見知りCREW」を知りたい!!
という方は、まずはこのブログを。面白おかしいので定期購読をお勧めします。↓
http://blog.goo.ne.jp/htmrcrew
posted by Bop Design at 02:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | デジャインの現場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。